英語の発音に自信がない?3つの練習方法でメキメキ上達する

下手な英語の発音を人に聞かれたくない。こんなことが原因で英語に対してネガティブなイメージを抱いていないだろうか?何とか発音が上手になる方法はないだろうか?こんな悩みを持つあなたでも英語の発音がメキメキ上達する方法がある。その手順を紹介しよう。

1 自分の英語の発音をiPhoneなどに録音して聞いてみる

まず自分がどのように英語を発音しているのか、客観的に判断しよう。そのためには自分の英語を聞いてみる必要がある。あなたが持っているiPhoneなどのスマホを使って自分の発音を録音してみよう。

録音するときの注意点は次の通り。

たくさんの英文を録音しない。まずは、あなたが持っている英語の教材で、英語ネイティブの発音が付属している教材からお手本を選ぼう。例えば、英単語教材のDuoでもいい。その教材の中から英文一つだけを選び、自分の声を録音する。I have a book.など短い英文だけでもよい。繰り返すが録音する英文は、必ず英語ネイティブのお手本があるものを選ぶこと。これは、次のステップで自分と英語ネイティブの発音を比較する際に必要となるからだ。

2 自分の発音を英語ネイティブのお手本発音と比べてみよう



自分の英語の発音を聞くことは、かなり苦痛だ。この苦痛はあなただけではなくて英語を学習しているほとんどの日本人が経験していることだからあまり深刻に受け止めないように。このステップで重要なのは、自分の発音の悪さを認識することではない。このステップであなたに確認してほしいのは、自分の発音と英語ネイティブの発音を聞き比べて、何がどのように違うのかを自分なりに分析してほしいのだ。

その分析のポイントは次の3つだ。

2-1 全体のイントネーションの比較



英語が英語らしく聞こえるためには、全体のイントネーション、簡単に言えばリズムが重要になる。実はここの英語発音よりも、この全体のリズムが整っていると、グンと英語ネイティブの発音に近づく。また、英語ネイティブのほうも、あなたが英語リズムにのっとり英語を話すことで、あなたの英語を理解しやすくなる。そのため、まずは全体のイントネーションが英語ネイティブとどのように違っているのか、自分なりに分析してほしい。

英語の語順・発音・イントネーションの記事も参考にしよう。

2-2 不明瞭な発音がないか



特に男性に多いが、日本語を話すときでさえモゴモゴと不明瞭な発音で話す人がいる。あなたの発音もそのように不明瞭になっていないだろうか。口周りの筋肉をあまり使わない日本語と違い、英語では口周りの筋肉を大きく動かす。英語ネイティブの発音が力強く聞こえる要因の一つが、この明瞭に発音するということになる。不明瞭な発音があなたの英語を本来の発音から遠ざけている可能性がある。

2-3 口先だけの発音になっていないか



日本語は息を軽く載せるだけで発音できる。そのため西欧圏の人にはとても優雅に聞こえるらしい。しかし、日本人が英語を話す場合は、この点を修正する必要がある。日本語と同じように口先だけで英語を話そうとすると、相手に通ずる英語の発音にならない。なぜなら、英語はのどの奥から太い声で話すのが普通だからだ。あなたの発音が英語ネイティブのお手本の発音に比べて力強さを感じないならば、口先だけの発音になっている可能性がある。

英語ネイティブでも場面によって発音が違うも参考にしよう。

3 自分の英語の発音を繰り返し録音して練習



1と2で指摘したチェックポイントを考慮しながら、自分の英語を何度もiphoneなどで録音し、比較しよう。これを繰り返すだけで徐々に英語らしい発音に近づいていく。

まとめ



ここで紹介した方法によって、英語の発音は自分で練習することができる。ほとんどの英語学習者が怠っているのが、自分の英語発音がどのような発音なのか、自分で確認していないことだ。まずは自分の英語発音のレベルを知ることが大事だ。そのうえでどのように英語ネイティブの発音に近づけていけるかを考えて発音の練習を続ければ、おのずと英語発音が上達していく。