英語ネイティブでも、場面によって発音が違う

中学から日本で英語を習い始めた人がほとんどだと
思います。
私もその一人。
学校で使っていた英語ネイティブの音声テープと
NHKラジオくらいが唯一英語ネイティブの声をナマで
聞く機会だった、という世代の方もいるでしょう。

そのテープやNHKラジオのネイティブ講師の発音を
一生懸命真似して、素晴らしい発音を手にされている
方々もたくさんいます。

アメリカの映画、CNNニュース、などナマで英語を聞く
機会が徐々に増え、今ではいろいろなネイティブの声を
聞くことができるようになっています。

いろんな英語を聞くことによって、

だんだんと、
ニュースキャスターの英語の発音の仕方、
一般の人たちが交わす会話での発音の仕方、などに、
違いがあるのが分かってきます。

これは日本語でも同じです。
NHKアナウンサーのきれいな発音、
テレビドラマで交わされる会話での発音、
日常的に交わす言葉がたくさん省略された会話での発音、
テレビで字幕が入るほど一般には馴染みのない発音。

日本語と同様、英語でも様々な発音があり、それをすべて網羅することは非常に困難です。

TOEICのテストやNHKのラジオ講座の英語というのは、
NHKアナウンサーに相当するくらいの、明瞭な発音です。

これに比べると、映画で交わされる英語は、省略も
多く発音もくだけてきます。

たとえば、 TVドラマ 「グリー」で、

They are caged. got no future.

(彼らは閉じ込められ、将来がない。)

という英語の冒頭の they are は、

They are の部分は、ゼィ くらいにしか聞こえません。
(そのため、字幕では They’re と省略して
書いてありました。)

こういった英語を知識なく聞き取るのはかなり厄介です。

しかし、

They are は They’re と省略して
発音されることがあり、実際の発音は、ゼィ と発音される、

という知識を持っていると、
対応可能になります。

実はこの ゼィ のように、省略にもパターンがあるので、

そのパターンさえ知っていれば、
英語ネイティブでない私たちでも、ナマの英語を
聞き取ることができます。

あなたが自分で英語を話すときは、きっと、They are と省略せずに話すでしょう。
しかし、それが英語ネイティブは ゼィ のように
省略して発音する、ということを知っていれば、
聞き取りも楽になります。