英語の語順、発音、イントネーション

英語を話す。これは私たち日本人にとって大きな壁です。
まず英語と日本語の障壁。
言語学の分類において、日本語と英語はほぼ対極に
あるといってもいいほどかけ離れています。

語順、発音、イントネーション。

どれをとっても日本語を応用できない。

これが英語に近い言語を話す人たちとの大きな違いとなります。
先日スウェーデンの方と講演会で話をする機会がありました。
彼いわく、
「スウェーデンでは英語圏のテレビプログラムが、
吹き替えなしで四六時中放映されている。
子どもの頃からそれに慣れ親しんでいたから英語は自然に覚えた。」とのこと。

自然に覚えることが可能なのは英語とスウェーデン語が
言語的に近いからでしょう。

日本人は英語を自然に覚えられない

もし、同じ環境を日本でやったとしても、英語を自然に
テレビから覚えるというのは難しいに違いありません。

能動的に話すということについては、特に難しく感じる人も
多いのではないかと思います。

というのも、日本の英語教育はどうしても受け身的学習が中心だからです。
話すことですら、目の前のテキストを読み上げる(音読)を話す練習と
しているくらいですから。

本来話すというのは、全くゼロの状態から自分で何かを表現することです。
(書くことも同じくゼロから書き上げることです。)

「おはようございます」とか
「来月の需給については今のところ予定通りでよいと思います。」とか
「今日はぜひ新しい取引先にこの商品を使ってもらおう」とか
「帰りにちょっと飲みに行かない」などなど、
すべての言葉は、お手本を読み上げるのではなく、自分の考えを
言語化したものです。

つまり、話すことに関しては、

自分の考えや感情 => 日本語化する

というのが日頃私達がやっていることです。

これを、

自分の考えや感情 => 英語化する

というのが、英語で話すということです。

「今日起きてからの行動を教えてください。」と
言われれば、それを日本語で話すことができます。

英語で今日したことを言ってみる。

「えっ? 今日起きてからのことですか?
そうですねえ、、、
今日は6時くらいにおきました。まだ眠かったのですが、
今日は仕事にいつもより15分早くいけなくてはいけなかったので
イヤイヤですが起きました。まずキッチンにいってお湯を沸かして・・・」

日本語でなら、いくらでも話せると思います。
では、今日本語で話したことを英語で話してみたらどうでしょうか?
これは、英語を話す力をつける最も効果的な方法の一つです。

「昨日見たテレビドラマのあらすじ」
「アイフォーンがほしい」
「昨晩の夕食のメニューについて」
「先週読み終えた本の感想」
「新しい支社長についての印象」
「新しい家を買おうと思っていることについて」

など、

あなたが自分の言葉で日本語で考えたり話したりすることを
英語でするのが本当の話す練習になります。

いきなり英語で話すことが難しいと感じる人は、次のような方法も
効果的です。

日本語 書く =>話す =>英語 書く =>話す

「昨日見たテレビドラマのあらすじ」について、まず日本語で書いてみる。
次に、書いた内容は見ずに、日本語で話してみる。

母語の日本語であっても、まず始めに書くことで、頭の整理ができ、
その後話すときも、話す内容が明瞭になります。

次に、それを英語で書いてみる。

何も見ずにいきなり英語で書けるならばそれがベストです。
しかし、日本語で何を書いたかを実ながら英語にしてもかまいません。

英語で書き上げたら、今度は英語で話してみます。
このとき、英語で書いた内容は見ずに、英語で話してください。

何度かこの方法で練習したら、次のようなバリエーションも試してください。

日本語で話す=>英語で話す

日本語で書く=>英語で話す=>英語で書く=>もう一度英語で話す

英語をたくさん書き、話すことを目的にするので、
できるだけたくさんのことを書いたり話したりしてください。
時間はいくらかかってもかまいません。

なぜ、英語で話したり書いたりする前に、同じことを日本語でするかというと
話したいこと、書きたいことを 明確にするためです。

英語上級者でも、一生懸命新聞を読んだり、本を読んだり、
CNNニュースを聞き取ったりと 受け身の勉強はしますが、
なかなか自分の言葉で話す練習はしません。
それが話せない、書けない理由です。

なぜしないかと言うと、億劫だからです。
ゼロから話すというのは、受け身の学校授業に慣れている私たちに
とっては非常に億劫なのです。

しかし、今回紹介した方法は、まず日本語で言ってしまうので、
その億劫さが軽減できます。
日本語でなら、日常的なことは少なくともスラスラと話したり書いたりできます。
それをきっかけにして、英語に展開していけばよいので、とっつきやすく、
いきなり英語で話し始めるよりも、数段上のレベルの英語を話せることに
気づくと思います。