帰国子女の英語力は千差万別?

「僕の英語は子ども英語だから・・・」
私は何人もの帰国子女の方からこの言葉を聞きました。

ちなみに、デーモン閣下も帰国子女ですね。
ご本人によると子供の時だけ英語圏にいたため、大人が話すような英語ができない、とのことです。

英語圏の帰国子女の告白 英語ができると思わないで!も参考にしてください。

もちろん、謙遜ですが、しかし本音も混じっているようです。
アメリカで高校生未満の日本人の教育カウンセラーをしている方と
話をする機会があったとき、面白いことを言っていました。

アカデミックな英語力は、勉強しないと身につかない

「大体の日本人の親は うちの子が日本に帰っても
この会話力を維持できるよう何とかサポートしたいって
言うんですが、でも、実際には子どもの会話力を
保持しても意味がない。
子ども英語だから。

それよりも 読み、書きを中心にもっともっと
アカデミックで教養ある英語を身につけて、
保持でなく伸ばしていかないといけない。」

子供時代に海外で過ごした帰国子女は英語力が高いわけではない。

小学生を海外で過ごし、中学から日本という子どもは、
中学で習う英語はレベルが低すぎるでしょう。

しかし、それに甘んじていると高校での授業についていけなく
なることもあるそうです。

なぜならば、日本では大学受験があり、海外の新聞記事や
アカデミックな論文の抜粋が試験問題になっているからです。

帰国子女の英語力については下記の記事が参考になります。
帰国子女の告白 eigoと英語、ネイティブと同じ英語力なの?

面白かったのは、日本人の親は表面的なペラペラと話す力が
英語力だと思い、カウンセラーの方は、高度な語彙を保有し、
欧米の教養人が読む書物を読み、自分の意見を書け、それを
口頭でも表現できる力こそが英語力と考えている点です。

教養ある英語力を伸ばすには?

では彼に、その教養ある英語力を伸ばすにはどうすればいいのか
聞いてみたところ、「読書」だそうです。
読書を通じて、語彙を増やし表現を増やし、自分が使える
英語のレベルも上げていく、という方法がよいそうです。

ちなみに日本では訳読が中心ですが、読書の際はわざわざ
日本語に訳さずに英語のまま読めばよい、という意見でした。

不思議に思われる人もいるかもしれませんが、英語のまま理解する
ほうが、訳読するよりも速くてカンタンです。

これは、英文をたくさん読んでいくと自然に英語のまま読むように
なりますので、ご心配なく。

リーディング方法については次の記事が参考になります。
ボキャブラリーが増え、リーディングが得意になる読み方
英語達人は みな本物の英語力を「リーディング」で 身につけていた!

裏を返すと、そのくらい読む必要があるということです。

高校1年までの英文法を理解した後は、
たくさん読む、聞く、話す、書く の「英語漬け」で
英語力を伸ばしていくのが王道です。