英語圏の帰国子女の告白 英語ができると思わないで!

先日帰国子女の方6名程度と面談をさせていただいた。
日本に帰国してまだ1年未満という20歳前後の方々。
アタマの中には、現地に赴いた当時の記憶がまだ新しいので、英語を
習得したいと考える方々の大きな参考になる話が多い。

一様に皆さんいうのは、

「まわりから帰国子女だからって必ず見られる。

どういうことかって言うと、まずマナーが悪い。日本の常識を知らない。」
なーるほど。確かにそういうところもある。
概して態度がでかいと取られることが多いらしいが、まあ、アメリカで暮らして
いたなら、態度をでかくしないと、やっていけないところもある。

「アメリカにいると、正義とか自分の主張とかを押し通さなくちゃいけないって
いう雰囲気を感じる。だから必然的に自分もそうなる。」

面白いのは、実はみな一様に英語力は英語ネイティブにはかなわないと認識していること。

会談の一部20分程度は英語でおこなったが、日本語で会話しているのとほとんど
違いないくらいに、スムーズに会話は進む。それでも、英語ネイティブとは違う。

ある帰国子女いわく「バックグランドと吸収している量が違いすぎる。日本人は
いくら英語ができるといっても、表面的な英語は確かにできるが、もっと繊細な
部分までとなると、そこまでは無理。」

「TOEFLとか英語ネイティブじゃあない人向けの英語試験は、はっきりいって
カンタンすぎる。ああいった試験で満点レベルになって初めて、スタートライン
と考えたほうがいい。」

ごもっとも。
多くの日本人の英語学習者の方からいただくのは、「TOEICでスコア800を出したい」
という類のもの。

しかし、私はもう一方で、上級者からの悩みのメールもたくさんいただく。

「TOEICは920点。英検も1級合格。周りから英語ができると思われている。
けれども実際には映画は字幕なしではほとんど聞き取れない。
旅行や普段の仕事での英語力は十分だと思うが、それ以上のホントに
自分がいいたいことを日本語に言えるというレベルにはない。
この先延ばすにはどうしたらいいでしょうか?」

事実 私も経験したが米国の大学院入学の際提出しなくてはいけないTOEFLという
非英語ネイティブ向け試験は、90%くらいが足切りライン。
その中から、今度は論文とか他のテストのスコアなどを見ていく。
だからTOEFLで95%正解していても100%満点でも変わらない。
ただの足切りのためのテストだから。

実際に多くの日本人留学生が、満点近くのスコアを出し留学するが、英語には苦しむ。

TOEICなどの試験で、すでに800点くらいを持っているならば、TOEICのスコアをあげる
という目標だけを設定すると、ホントの英語力が達成できる前段階で伸びが止まってしまう。

このあたりでうろうろしている人は結構多い。

初級者の方は、もっと難しい状況かもしれない。
思い立って英語の学習を始めて、3ヶ月くらい、ちょっと伸びて伸びが止まり、それで
また止めて。 半年くらい経つと、また「英語はやっぱりやらなくちゃ」と新しいモノに
手を出す。

このパターンは、「英語の壁」を超えていないからおきる現象。
英語の壁というのは、ある一定のレベルまで英語力を一気に上げてしまい、
英語での思考と日本語での思考を、いったりきたりさせない「壁」のこと。

この壁を越えると、何か見えない力に後ろから押されるように「英語上昇スパイラル」
に乗って、英語力は上昇していく。

たとえば日経新聞の代わりにウォールストリートジャーナル。
朝のNHKニュースのかわりにCNN。
テレビドラマの代わりに映画をDVDで。
翻訳本でなく原書で。
これは、もう英語を英語教材で学習するのではなくて、
英語を使って楽しむ、その環境がさらに英語力を上昇させる。