英語を話す練習は一人でできます!

英語を話す練習は一人でできます!

英語が話せない、と言う嘆く人に
英会話学校に通わずに英語が話せるようになる
方法をお伝えします。

英語を話すにはゼロから英語を作る練習をする

英語を読めて聞けるけれど、話せない、
いわゆる結構英語を勉強したけど話せない、
と言う人は、「ゼロから英語をつくる」練習をして
いないからです。

たとえば、音読が流行っているから音読をする
人は結構いると思います。
しかし、テキストに書いてある英文は、自分が
言いたいこととは違いますね。

自分の考えを言葉に直す

つまり、話すとは、自分の思考を言語化することですから、
起点は自分の頭の中にあります。
目の前のテキストではなく、自分の頭の中。
自分の頭の中を、日本語のフィルターを通して話すと日本語。
自分の頭の中を、英語のフィルターを通して話すと英語。

それだけです。

ですから、TOEICなどでは高い点が取れても話せない、
と言う人は、自分の頭の中(思考)を、英語のフィルターを
通して言語化する練習が必要になります。

英語を話す練習を、初級者でもできる方法

架空の英語ネイティブと英語を話す練習をします。
架空なので、自分の言いたいことを遠慮なく言える上、
間違えるかもしれないという恥ずかしさもない、
効果テキメンの方法です。

英語を話すことに興味のあるあなたは次の記事も参考にしてください。
英語を話すときってどうなってんの?
スピーキングは最終段階。つまり語学の仕上げ?

そしてさらに、そのネイティブに日本語を話させることもできるので、
(あなたの頭の中の架空のネイティブですから!)、初級者は
ネイティブに日本語で話してもらうこともできてしまう!!

こんな感じで進めます。

まず身近な話題を選ぶこと

ネイティブ(以下N)

「ねえ、それなに?」(あなたの電子辞書を指して)

私(以下I)

「Oh, this? Ah… It is an electric dictionary.”

ちなみに、このように、単純な英語、または間違えの含んだ英語でも
かまわないのです。どんどん架空のネイティブと話していくことが
重要です。

N 面白いね、僕は始めてみたよ。いつも使ってるの?

I Yes, I always use it when I study English.
It is very useful.

N 紙の辞書よりも、その辞書のほうが好き?

I Well, I prefer this electric dictionary than paper dictionaries.

(もし、自分で間違いに気づいたら、たとえば上記では、than ではなく to
にすべきだった、と気づいたら、言い直せばOKです。
この、自分で気づくことが何より大事!)

I It is easier to put in my bag because it is smaller.

N そうだね、でも高いんでしょ?

I Mine was about 20,000 yen.
So , it is more expensive than paper dictionaries.
But Mine has about 10 dictinaries, so if I really use all of
these dictionaries, it is quite cost effective.

N そうだね、たしかに電子辞書をフルに活用すれば割安かもね。

I Yes, I have been using mine for 8 years.
I’m rally satisfiedwith it.

どうですか?

英語を話す練習を独学でするメリット

こんな風に続けていけば、独学で英語を話す(または書く)練習ができます。

この練習のいいところは、
* お金がかからない。
* 自分の頭の中だけでできる。(声に出さなければ電車の中でも!)
* 一日5分、1ヶ月続ければ効果を実感できる。
* 一人でやるので、恥ずかしくない。

次の記事も参考になります。
英語順に発想すれば英語は話せる
音読した英文が自分の言葉となるために

重要なポイントは、
* 間違いを恐れない。(間違わずに上達はありえない)
* 毎日やる(週1回1時間より、毎日5分のほうが効果あり)
* 難しい話題はしない(オバマ政権をどう思うか、など日本語でも
答えられないことを架空のネイティブに言わせない。)

これをやっていると、
「ああ、こういいたいのだけど言えない。」というのが
いくつも出てきます。

そのときは、
*まず何とか別の表現はないか、自力でいえるように努力する。
*どうしても思いつかないときだけ、和英辞典(ネットなら英辞郎など)で
調べる

ぜひお試しを。