中国人は英語上達がメチャ早い!

海外に留学したことのある方は、経験していると思うが中国人は英語を習得するのが早い。

ヨーロッパ人は、語源が同じものだから何となくうなずけるが、どうして中国人も英語が上手なんだろうと思ってしまう。

それと引き換え、日本人と同様に英語がダメなのが、韓国人。

性格も日本人と似ているのか、学校の中でも韓国人同士で仲良しグループを作りたがる。

私がいっしょに仕事をしている方は、母親が韓国人でその辺の事情を話してくれた。
つまり、韓国語も日本語も言葉の構造が似ているらしいのだ。
つまり、英語とは、ちがっている。
それに引き換え、中国語の利点は2つある。

中国人が英語が得意な理由は語順と発音にあった

ひとつは英語と言葉の構造が似ている。特に語順が中国語と英語では同じ、誰が どうする 何を(SVO)という順番なのだ。
それに引き換え日本語と中国語は、誰が 何を どうする(SOV)という順番だ。

語順については、英語順に発想すれば、英語は話せる!英語の語順で理解することが英語上達の特効薬になるの記事を参考にしてください。

豊かな中国語の発音を使えば、英語の発音ができる中国人

もうひとつは、中国語の発音は、世界でもっとも難しいといわれている。語尾をあげるか下げるかで、意味が違ってしまう言葉もあるというのだ。
だから、中国語の発音の中に、英語の発音が含まれている。耳は中国語ですでに、鍛え済みなのだ。

発音の種類が少ない日本語

このあたりの事情が日本語とはちがう。
日本語の音素(音の種類)は、世界でも極めて少ない言語だ。
それだけに、他の言語を習得するときに、日本人は苦労する。
今まで経験したことがない発音を新たに獲得しなくてはならないからだ。

たとえば、単純なVの発音一つとっても、日本語ではBの発音に近くなってしまう。

ネイティブの英語発音を手に入れる?で説明した通り、英語ネイティブの発音を、日本人が真似るにはとても難しい。

もちろん、英語の発音に自信がない?3つの練習方法でメキメキ上達する方法もあるので、ぜひトライしていただきたと思う。

これを知らないのに、日本の英語教育は、最終的に日本語に訳すことで英語を理解しようとしている。

これは、ある意味しょうがない。なぜならば、英語の意味を英語で生徒が説明したら、先生がそれを理解できないですから。
なんとも悲しい話であるが、事実である。
だから、私たちは、これを日本語では同いう意味か? とか、この単語の意味を日本語で書け、とか 日本語に訳すことが目的の教育しか受けていないのだ。

そこに大きな悲劇がある。

悲劇1  日本語の発音より英語の発音のほうが複雑。
悲劇2  日本語と英語は構造が違う。

だから、英語の発音は聞き取れない、英文を読んでも数式を読んでいるみたいに因数分解して日本語に訳さないとわからない。はっきりいって、この延長線上で、英語を学習しても、いつまでたっても英語上達はおぼつかない。残念ですが。
韓国の人も同じことで悩んでいる。

日本人以上に英語習得に熱心な韓国人

日本人も韓国人も勉強熱心である。それなのに、この2つの国の英語力がアジアでもワースト1,2位を競っているのは、原因があるからだ。
つまり、自国語と英語との間に大きな隔たりがあること。

それなのに、自国語を主体として英語を勉強してしまっていること。

ちなみに、韓国でも英語本、英語学習教材の売れ行きは、爆発的だそうです。

正しい英語学習方法で英語を身に着ける大切さ

以前弁護士事務所に行ったとき、弁護士歴2年程度の若造が出てきた。

ああだ、こうだと言うのだが、私にいわせれば、どうも要領を得ない。でも、しょうがないから1ヶ月ほど仕事をお願いした。
しかし、結論がでない。

その事務所で再度打ち合わせしているときに、たまたま事務所の大御所弁護士がでてきた。
彼は企業に対する弁護士としては非常に有名で、もちろん時間給も高い。

たまたま私の話に同席してくれた。
(いくらくらい請求されるんだろう、と心配だったが。)

最短で最高の結果を出すことが大事

そしたら、何も事前準備してないのに、私の話を5分聴いただけで、きれいに問題をピースに分けて、ネックとなる重要な問題点を挙げ、それを解決する手段を3つほど、即座にあげた。
若造弁護士が1ヶ月アタマを抱えたことを、ほんの数分でやってしまった。

だから、最初からこのベテランにお願いしてれば最終的にはずいぶんと安く済んだのだ。
ちょっと、興味をもったので、私が驚いたことを率直に話したら、こう教えてくれた。

「もちろん、知識と経験がモノをいう。私も百戦錬磨、ずいぶん苦労したからね。

しかし、その中で磨いたもののうち、一番重要なのは、どうやって最短で最高の結果をだせるかを常に考えていることだね。

やり方さえ身につけてしまえば、あとは最高の結果を出すためにどうしたらいいかを考えるだけだ。
やり方を学んでいない、またはやり方が間違っていれば、いくら時間を使っても全く意味がない。ムダなだけだ。」
英語もおんなじだ。

まとめ

日本人が英語を学ぶのには、大きなハードルがある。
日本語と英語の言語としての違いが大きいというのが最も大きな障害だ。
これを乗り越えるためには、言語の違いを理解して効果的な勉強をすることが重要になる。
できるだけ早く、正しい学習法、つまり自分にとって効果的な学習法を確立することが大事だ。

アメリカ人に学ぶ外国語学習法の記事もヒントになるはずだ。