リスニングの方法は日本語で訳さないこと

前回、あなたが日本の学校で英語を勉強してきたならば、ほぼ100%の人が英語を後ろから訳しています。
「英語を後ろから訳して理解している限り、あなたの英語は一生かかっても上達しません。」
について、その理由と対策方法をご説明しました。

クセを直す効果的な方法

今回は、リスニングの時は日本語で訳さないという方法が、後ろから訳すクセを直すとても効果的な方法であることを説明していきます。
まず、リスニングを行うときに、多くの人は、全部わからないと内容が理解できないという状況で聞き取りをしようと考えます。

ところが、リスニングの時に「全部聞かなくちゃわからないんだ」という先入観があるため、ホントはカンタンなフレーズも聞き取れないと思ってしまうことがよくあります。

さらに、英語を読んだら、後ろから日本語に訳すというクセがついているので、英語を聞いているときでも、アタマのなかは、「文章になるように日本語に訳す方法で理解しよう」と考えてしまうのです。

そのためリスニングの際に、

“I know exactly what you are talking about.”

という文章は、
「ぼくにはあなたの言うことがよくわかるよ。」に訳さないと理解できないわけです。

ところが、あなたもご存知のように英語と日本語の語順は全く違います。
それなのに、皆さんは、「ぼくにはあなたの言うことがよくわかるよ。」と訳さないと気がすまない。

これが、日本人を英語病に陥れている最大の原因です。

他の言語と比べてみてもこのことは、明らかです。
日本語の語順と似通っている言語は、主な言語では、韓国語くらいです。
他の言語、英語、フランス語、ドイツ語、中国語は、細部はまちまちですが、大まかな言葉の順序は、ほぼいっしょといってよいでしょう。
だから、リスニング中、アタマのなかで、語順をひっくり返して訳す必要はないのです。そのためヨーロッパの人々は多数の言語を操る人が少なくありません。
私の友人のブルガリア人も、6ヶ国語を操る語学の天才ですが、彼いわく

「英語、ドイツ語、スペイン語、広東語は全然難しくない。
でも日本語を習得するのは結構大変だった。いまでも日本語をずっと使う環境に
いると、頭痛がしてくる。」

というのです。

彼の日本語は、仕事環境で全く支障がない位、上手です。(彼はわずか2年で日本語を習得したそうです。)
でも、先ほどの「頭痛」の理由から、私と話すときは、いつも英語にスイッチするのです。

語学の天才でも、言葉の順序が違う言語は、リスニング習得も難しいし、その後上達させるのも苦労するようなのです。
つまるところ、私たち日本人は、これだけ英語を盛んに勉強して、みんなの意欲も高いのに、アジア圏でも最低のリスニング力・英語力しか身につけられないのは、この語順
によるところが大きいのです。

英語の語順で理解できれば上達する!

私は、この語順とおりに英語を理解する、というのが、あなたの英語上達のカギを握っていると思っています。これを、英語の語順で理解できるようになれば
英語を上達させたいと願っているあなたの夢が、半分以上かなうのではないかと考えています。

皆さんからよくメールをいただき、弊社の「英語3段とび吸収法講座」はどんな内容なのか?、と聞かれます。
その内容は、ほとんどが、この「英語のまま聞こえてくる」リスニング力が自然に身につく講座になっています。

ですから受講している方から、「英語のまま聞き取れるのが不思議」という喜びのメールをいただくのです。
でも、これは不思議でも何でもないことなんです。

日本人の弱点を理解した上で、英語上達に最適なステップを考えて講座が組まれていれば、実はどなたが受講しても、一様に上達するのは明らかなのです。

どうしてそこまで言ってしまえるか?
それは、あなたもいままで、知らず知らずのうちに日本での英語教育方法に毒されていて、その毒を徐々に抜いていくだけで、効果が現れるからです。

なにも特別なことをしているわけはありませんが、この「英語のまま聞こえてくる」というリスニング力が、いままであなたも経験したことがない「うれしい驚き」なのです。

そして、このリスニング力はステップを踏めば必ず身につく方法です。