訳さずに英語を読むクセをつける

あなたの英語は一生かかっても上達しません。

あなたが日本の学校で英語を勉強してきたならば、ほぼ100%の人が英語を後ろから訳しています。リーディングの時に英語を後ろから訳して理解している限り、あなたの英語は一生かかっても上達しません。

次の文章を見てください。

“I know exactly what you are talking about.”

日本語に訳してみると、「ぼくにはあなたの言うことがよくわかるよ。」

です。日本語にすると、どこにでも出てきそうなカンタンなフレーズですよね。

英語の語順とおりに訳すと次の順序になりますよね。

“I know ” 「私にはわかる」
“exactly” 「正確に」
“what you are talking about” 「あなたが話していることが」

つづけると、「私にはわかる、正確に、あなたが話していることが」

これが、英語の語順とおりの訳です。

でも、日本で英語を勉強してきた人は、次のようにこの文章を訳すのです。

「Iだから私だな、私は  ええと、know exactly what you are talking about. What 以下がひとつの節になってるから、ここから訳すんだな。whatは質問の意味かな? ちょっと訳してみるか。
あなたが話していることはなんですか? ちょっとおかしいかな。このまま訳してみると、ええと、私はあなたが話していることは何ですかを正確にわかります。か。  
ちょっと日本語ではおかしいな、そうか、what は「こと」っていう意味のwhat だな。そうすると、私はあなたが話していることが正確にわかります。っと。よし、これだ、これでいいんだ。」

これが、通常あなたが、英語を理解している順序じゃないでしょうか?

悲しいことに、英語を一生懸命勉強してきた人ほど、日本の英語教育のおかげで、こんな役に立たない英語の読み方が染み付いてしまっているのです。
この訳し方をしている限り、あなたの英語力は、全く上達しません。
じゃあ、どうすればいいのか?

究極的には日本語に訳さない。英語のまま理解する。

このように言うと、
「訳さなければ理解できないよ。」という人がいるかもしれません。

じゃあ、次の文章はどうでしょう。

“This is a pen.”

この文章を「これはペンです。」と日本語に訳していますか?
あなたは、この文章を読むと同時に、英語で理解しているでしょう。

それと同じことを他のフレーズでもできるようにする。これが、究極の英語上達法です。

では、どうやって、それが可能になるか?
これを可能にするには、いくつかのステップを踏むのが近道です。
いきなり英語しかわからない環境に放り込まれると、ステップを踏む暇がない位英語を上達させる必要がある。

しかし、皆さんは日本語に囲まれた環境で生活していますので、英語だけの環境での特訓が難しい。そこで、

次の3つのステップを使った方法で英語を上達させていきます。

  1. リスニングの時は日本語で訳さない。
  2. リーディングのときは、難しい内容が多いため、最初はアタマ訳をする。徐々に訳さない方法に切り替えていく。
  3. リスニングでもリーディングでもぶつ切り英語を取り入れる。