スカイプ英会話を弁当1食分の値段で使い倒すお勧めの方法

スカイプ英会話(オンライン英会話)が人気だ。人気の秘密は価格の安さと手軽さだ。弁当1つの料金で1レッスンが受けられる安さは、英語を習得したいあなたには魅力的なはずだ。さらに人目を気にせずに自宅で気軽にレッスンが受けられる。
本記事では、スカイプ英会話のメリットとデメリットを余すところなくお伝えする。
さらに、スカイプ英会話の使い方ひとつで、より効果的に英語力を伸ばせる方法についてもご紹介する。
本記事は、英語歴30年超、米国アイビーリーグの大学院卒、同時通訳もこなす英語のプロが実際に数社のスカイプ英会話を利用して感じたことを記事にした。英語のプロによる評価だから、安心してお読みいただきたい。

スカイプ英会話の特徴

スカイプ英会話の特徴3つといえば、その安さ、手軽さ、そしてフィリピン人講師である。

安い費用

1レッスン20~25分程度のレッスンが基本になっている。大手のスカイプ英会話業者は、1日1回~4回のレッスンを月額6,000円~15,000円程度で提供している。
よく、ネット広告で、1回レッスン150円、などと見かける。これは単発で150円だけ払ってレッスンを受けられる、ということではない。上述の月額費用を1回あたりに換算すると150円になりますよ、という話だ。
スポーツクラブと同じで、確かに毎日受講すれば1回あたり料金は安くなるが。スポーツクラブの場合、毎日体を鍛えにジムに通う人はまれだろう。

手軽

スカイプ英会話は、スマホとネット環境があれば始められる。スカイプソフトは無料だから他に費用が掛からない。さらに自宅でもどこでもレッスンを受けることができる。

フィリピン人講師

スカイプ英会話が安い料金を提供できるのは、時給の低いフィリピンで講師を雇っているから。フィリピンは英語が公用語なので多くのフィリピン人は英語を話せる。

国が違うと物価がこんなに違うのかというくらい、フィリピンの物価は安い。当然そこで働くフィリピン人の平均賃金も安い。スカイプ英会話業者はこの低賃金、フィリピン人の英語力の高さに注目し、サービスを展開している。それを可能にしているのがインターネットによるスカイプ授業だ。
日本にいながら、賃金の安いフィリピン講師から授業を受ける、というのが格安サービスのカラクリだ。

スカイプ英会話のメリット

安い

最大のメリットは、その安さだ。英会話の練習はこれまで英会話スクールに通学しなければ叶わなかった。そのため費用がどうしても高くなってしまう。いまだに年間100万円以上の費用がかかる英会話学校もある。
それに比べるとスカイプ英会話は破格の安さだ。通学型英会話学校の10分の1以下の費用で済む。

継続しやすい

スカイプ英会話の場合は、講師と1対1で会話ができる利点がある。英会話学校の場合はグループレッスンと称して4~6人の生徒に一人の講師というのが常識になっている。このグループレッスン方式で受講すると、自分が英語を話せる時間は少ないし、講師の英語を聞く時間を少ない。グループレッスンで一番実りがあったのは、仲良しの友達ができたこと、なんていうことにもなりかねない。
スカイプ英会話の場合は、20分のレッスン時間中は、あなたと講師だけの時間だ。あなたが話すか講師が話すのをあなたが聞く。どちらの場合も英語力向上につながる。つまりレッスン時間を100%英語力向上に投資できる。

スカイプ英会話のデメリット

フィリピン人の発音

フィリピンの人たちの英語発音は決して悪くない。決して悪くない、非ネイティブにしては、という但し書き付きでだ。

英語が公用語のフィリピンであっても発音がイギリス人やアメリカ人と同じというわけではない。この事情は、同じく英語が公用語のシンガポールに似ている。シンガポールの英語発音は、その強い訛りから、シングリッシュなどと揶揄されることもある。

そのため、発音については、割り引いて考えよう。

子供には勧めない

子供に勧めない理由は、上記のとおり、正式な英語(ここではイギリス英語とアメリカ英語を指す)と発音・リズムが異なるからだ。大人と違い子供は発音とリズムをそのまま吸収できる素質を持っている。フィリピン人講師に倣って英語が堪能になれば、フィリピン人と同じ発音で英語を話すようになる。個人的には私はこれを勧めない。各国により訛りがあるのは当たり前だが、英語ネイティブからは次のようにみられるだろう。「なぜ日本人なのにフィリピン訛りの英語を話すのか?」

効果的な使い方

英語力をつけるのはあくまで独学

英語を読む、聞く、話す、書く。これらすべては独学で身につく。話すことは独学では身につかない、という人が多いが、本当のところは独学でこそ身につく。

では、スカイプ英会話のレッスンの役割は何だろうか?
スカイプ英会話では流暢さを身に着ける
スカイプ英会話のレッスン中に単語を覚えるということはない。レッスン中に身につくのは、会話の流暢さだ。特に英語学習者である私たちの場合は、事前に勉強したことを、実際に使ってみる経験が必要だ。
英語講師に向かって、自分で覚えた英語を使ってみる格好の機会を提供してくれるのがスカイプ英会話だ。

事前の準備

スカイプ英会話のレッスンの前には、次のことを準備しよう。
レッスンで達成したいこと
たとえば、いま英語で本を読んでいるなら、その本について講師に説明できるように準備しよう。

レッスンの主導権は自分が握ろう。

受動的なお任せのレッスンでは、英語の上達も遅い。自分でイニシアチブをとって、積極的にレッスンを進めていこう。
そのためにはまずレッスンの初めに講師に今日自分が達成したいことを伝える習慣をつけよう

準備した内容を中心に話す

自分が事前に準備した内容を英語でスムーズに言えることをレッスンの内容にしよう。
教科書をおうむ返しに発音することと自分の言葉で話すことは大きく異なる。教科書を音読することは自分一人でできる。スカイプ英会話のレッスンでは、自分の言葉で話すことを目標にしよう。

レッスン後の復習

レッスンが終わったらすぐに「言いたいけれど英語にできなかったフレーズ」を調べよう。英語で20分も話すとかなりたくさんの言えなかったフレーズがあるはずだ。その言えなかったフレーズこそあなたが覚えるべきフレーズだ。英単語に出てくる単語はあなたには当面縁のない単語かもしれない。しかし、実際にレッスン中に「言いたいけれども言えなかった英単語やフレーズ」は、あなたが最も必要としている表現だ。それをレッスン後に必ず覚えるようにしよう。

スカイプ英会話を選ぶ時のポイント

料金体系

ほとんどのスカイプ英会話業者は、月額料金を設定している。月額5,000円~15,000程度が一般的だ。初めは、最低料金のプランで契約しよう。もしもっとレッスンを受ける余裕がありそうと感じたら、途中でプランを変更すればいい。一回当たり安くなるからといって、欲張って一日3レッスンを受講するプランなどを選ばないようにしよう。

予約の取りやすさ

自分が通常スカイプレッスンを受ける時間帯というのは決まっているはずだ。仕事の関係などで融通が利かないことも多い。自分にとって予約が取りやすいかどうか、スカイプ英会話の契約をする前に確認をしておこう。

講師のレベルと授業内容

講師のプロフィールと実績を確認しよう。優良な英会話スクール業者は、講師の品質を一定以上に保つため、かなり厳しいスクリーニングに合格した講師のみを採用している。もちろんそうではない業者もたくさんある。

実際に英会話スカイプの契約をする前に体験レッスンを受けよう。その際に自分が求めているレッスンを提供してくれるかを、体験レッスンを受けながら確かめよう。英会話カリキュラムがしっかりと決められていて、フリーの会話はできないというプログラムもある。

授業内容

授業は大まかに、決められた教科書に沿って授業を進めていくタイプと、フリーに会話を勧めるタイプがある。
すでに述べたように、スカイプ英会話を受講する目的が、会話の流暢さであるならばフリーに会話を勧めるタイプの授業を受けよう。
教科書に沿って勉強するタイプを選ぶ場合でも、自分が主体的にレッスンで話をするようにしよう。

学習相談(カウンセリング)

英会話オンライン業者によっては、講師との英会話レッスンのほかに、カウンセリングを提供する会社もある。受講者が心地よく授業を勧められるためという表向きの目的と、受講者に途中解約させないためという本音の目的がある。

カウンセリングの内容は、期待しないほうがいい。学習相談をする相手がどの程度の英語力なのか不明なためだ。基本的にはカウンセリングをする相手は、時給1500円程度で派遣業者から英会話学校に派遣されている派遣社員が対応していると考えたほうがいい。

英検1級の実力のある人は、もっと実入りのいい仕事についているはずだ。果たして英語のプロでない彼ら・彼女らに学習相談をして実りがあるのだろうか?

では学習相談は不要かといえば、そうではない。自分のモーチベーションを維持するために、学習相談を使い倒そう。
つまり、英語の内容や難易度についての質問は一切しない。なぜなら前述のようにスカイプの向こう側に座っている人は、英語のプロではないからだ。
では、どのように学習相談を使うか?
英語に挫折しそうになった時に、チャットなりスカイプによる電話なりで、自分の気持ちを分かってもらう相手をしてもらうのだ。
英語は続ければたいてい、実力は上がっていく。一歩一歩進めて行けばできないということはない。例えばホームレスであっても、教養がさほどなくても、英語が話せないイギリス人はいない。つまり、語学は誰でも習得できるものなのだ。
英語学習を途中でやめてしまわない限り、あなたの英語上達は保証されている。必ず上達する。
途中で英語学習をあなたが辞めてしまえば、その時点であなたの英語力は伸びなくなる。

継続こそが英語学習用の要諦だ。だから、継続できるためにスカイプ英会話のサービスの一つである学習相談は積極的に活用するといい。言い方は悪いが、単なる話し相手になってもらうわけだ。
その価値は十分にある。

ちなみに、スカイプ英会話は無料体験ができるスクールが多い。そして無料体験を申し込み、レッスンを受けると、その後に、カウンセリングと称して学習相談をするようになっている。この順序で商売をしている英会話スクールがほとんどだと思う。

不必要に英会話学校を警戒する必要はない。しかし、この無料レッスン体験後のカウンセリングは、基本的にはあなたへの英会話スクールからの売り込みだ。そうです、売り込みです。

申し出を断り切れない気弱な受講希望者を相手に、1年分のレッスン料を前払いさせるという悪徳業者は、スカイプ英会話業者にはまずいないとは思う。しかし、油断は禁物だ。もし「いま契約すればこれだけの特典がある」なとという話を相手が始めたら、すぐにスカイプを切ってしまおう。

スカイプ英会話の契約をしたい場合でも、その場ですぐに契約せず、しっかりと契約内容を見極めたうえで契約することをお勧めする。1日待ったからといって何の害もないのだから。

スカイプ英会話の契約内容の確認

契約内容で特に確認したいのが、次の3つだ。
料金
料金については、主に2つの料金が存在する。
初回契約料
月額料金

スカイプ英会話については、初回契約料を徴収するケースは少ない。しかし、念のため確認したほうがいい。

月額料金

スカイプ英会話を提供する業者によっては、料金体系をいくつかそろえている場合がある。たとえば、下記のようなプランが一般的だろう。

日常英会話 毎日1回25分 月額7,000円
ビジネス英語 1回25分を月4回まで受講 月額12,500円

自分が契約するプランの条件を必ず確認しよう。
2段階料金設定などと、受講者がわかりにくい料金設定をしている業者は敬遠しよう。

契約期間

英会話学校で問題になるのが契約期間だ。通学式の英会話学校ではいまだに6か月分または1年分の授業料を前払いさせる悪質な業者がいる。(払えない場合は、クレジットカードでのリボ払いにさせる。実質的に受講生に借金を負わせる悪質なやり方だ。)

スカイプ英会話の場合も契約期間については注意が必要だ。支払いは毎月でも契約期間は最低3か月、なかには6か月、1年という業者もある。「1年間の契約をしてしまって途中解約ができない」と後でべそをかかないように、契約前にしっかりと契約期間を確認しよう

解約方法

スカイプ英会話でレッスンを受けはじめて数か月、途中でサービスを辞めたい場合もある。「思ったほど良いサービスではなかった。」「仕事が忙しく英会話を中断しなくてはならなくなった。」「他のスカイプ英会話に乗り換えたい。」などなど。

諸所の事情で解約する場合、解約の条件については、あらかじめ確認しておこう。もちろん、本記事を読んでいるあなたは、契約前に解約方法を確認することができるはずだ。必ず契約前に解約方法も確認しておこう。

翌月から解約できるという良心的な業者であれば心配はないが、すべての業者がそのように良心的なサービスを提供しているわけではない。

まとめ

スカイプ英会話は安く使える。自分の英語学習の補助として、使い倒そう。
当然だが、勉強の基本は自分でするのが当たり前だ。自分で勉強した英語を実際に使えるように流暢性を養うのが、オンライン英会話のプログラムだ。スカイプ英会話のレッスンだけで英語力が伸びるわけではない。
契約についてはきちんと確認しておこう。特に途中で解約できるのかどうか、必ず確認してからスカイプ英会話の契約をしよう。