ちゃんと英語を勉強してよかった~!

TOEIC700点くらいの方で、
英語メニューとアドバイスを
提供して6ヶ月。

やっとTOEIC860点。

TOEICの点数よりも
能動的な英語力を
大きく伸ばす方向でプログラムを
組んだので、英語をどんどん
作っていくことにかなり慣れてもらいました。

「ちゃんと英語を勉強してよかった~!」

が彼のコメント。
これは、基礎の英語から
やり直していただいたからです。

基本的に学校で英語を習っただけですと、

重要なことなのに、説明が抜けていたり
することがあります。

その一つが現在形です。
多くの人が現在形を誤解しています。

現在のことを話すから現在形だろう、と
誤解します。

次の例を見てみましょう。

バーに行って、隣の友達に
“Do you drink?” と聞かれたとすると、
なんて答えますか?

「うん、もちろんバーに来たんだから
飲もうよ」というイメージではないでしょうか?

現在形は、日頃の習慣、つまり、昨日も
今日も、そして明日もするだろうことに
対して使います。

ですから、”Do you drink?” は、
「あなたは酒をたしなみますか?」という
意味です。
「いま酒を飲むか?」ではありません。

英語は時制が命ですが、日本語は時制に
あいまいです。
そのため、日本人が話したりメールに書いたりする
英語は、大方が時制の判断ができず、
英語ネイティブには解釈不能なものに
なってしまいます。

日本語だと、同じ「~した」なのに、
どうしてある場合には過去形である場合には
現在完了なのか?

「春が来た」は、 Spring came. ではダメなのか?

基本的なことのようですが、
このような基礎をきっちりやると、
シンプルであるものの、
引き締まった、そして正確な英語を
使えるようになります。

上達のコツは、基礎に隠れています。