英語の型にあてはめてスピーキング

言いたいこと=>型にあてはめる!

英語を話すときに、ほとんどの人が、
まず日本語で言いたいことを思い浮かべ、
それを英語に訳して何とか英語を話す、
という方法をとると思います。

例えば、

「私だったら電話するけどね。」

と言い放つ時。

英語にするとき、どうしますか?

日本語は省略の多い言葉です。
特に日常的に使う日本語は、省略が多い。
それに比べて英語は、
「誰が」「どうする」「何を」をはっきりさせます。
ですから、先ほどの、

「私だったら電話するけどね。」を
英語にするのは、英語を学んでいる段階では
難しい~。

これを解決するには

1 瞬時に日本語の省略されている言葉を補う

たとえば、「私だったら電話するけどね。」であれば、
「私が あなたであったなら、 私は (彼に) 電話をする」と
言葉を補うことができます。

そして、

2 英語の順番に瞬時に並び替える。

英語は、先ほど書いたとおり、「誰が」「どうする」「何を」と
順番どおりに並べていきます。

そうすると、
「私が あなたであったなら、 私は (彼に) 電話をする」は、

「私が」「あなたであったなら」、「私は」「電話する」「彼に」という
語順が出来上がります。

この文は、前半「私が あなたであったなら」「私は (彼に) 電話をする」と
2つの文が一つになっていると考えます。

3 次に、こういう言い方の英語の「型」を瞬時に探します。

英語には英語の決まった言い方があり、この型に言葉を
あてはめていくと、ちゃんと文が作れるようになっています。

「私が あなたであったなら、 私は (彼に) 電話をする」は、

「もしAならば、私は Bするのになあ」という文の型です。

つまり、実際には、私はAではないわけです。

これは、If I were you, I would ~. という型が使えます。

日本語のくだけた言い方だと、
「私だったら~する。」という言い方です。

英語にすると、
「私だったら電話するけどね。」
If I were you, I would call him.

となります。

今は日本語を英語に直していく方法で
見ていきました。
大抵の学習者の方が英語で話す時、
日本語=>英語訳 をするからです。

しかし、「型」とその型に入れ込む「英語表現」が
自動化できると、日本語の補助は必要なくなります。

思ったこと=>日本語=>英語 から、

思ったこと => 英語の型にあてはめて話す

ということができるようになります。

そのためには、たくさんのインプット、そしてそれをアウトプットできるように自動化することです。

いっぺん型が使えるようになると、
その型を使って、いろんなことが
言えるようになります。

If I were you, I would ~. という型を
ちょっと練習してみましょう。

次のように言いたいのですが、英語にできますか?

私だったら電話するね。

私だったらハワイに行くね。

私だったらその車は買わないね

If I were you, I would call him.

If I were you, I would go to Hawaii.

If I were you, I wouldn’t buy the car.

これってもしかして・・・?
そうです、文法で仮定法過去って習ったの、覚えてますか?
大抵高校で習います。

習ったときは、

If + 主語+動詞過去形 , 主語+ would (should, could..)+原形不定詞

と教えてもらったと思います。

しかし、
If I were you, I would ~. と覚えてしまって、

この「型」に表現を当て込んだ
上の例文を3つも覚えてしまって、自動的に口から出てくるようにするほうが、
よほど効果的だと思いませんか?

「理屈」よりも「どうやって使うか」を覚えたほうが
手っ取り早いし、正確に記憶もできます。

仮定法過去ってどう作るんだっけ?

そんな疑問はなくなります。

頭の中から、
If I were you, I would call him. を引っ張りだせば

いいんですから。

日本語を勉強している英語圏やアジアの人に、

日本語を教える時に、

「事実でないことを表す仮定法表現」と教えるよりも、

「私だったら~するよ」って覚えなよ。

「私だったら、ハワイに行くよ。」

「私だったら、その車買わないよ。」

「私だったら、~だよ。」

~に好きな言葉をいれていいよって教えたほうが

分かりやすいのと同じです。