日本語をどんどん英訳してみると英語が話せるようになる!

今の学校教育でも、コミュニケーションを重視と
言いながら、まだ自分の言葉で英語を作り発話する、書く、
という練習は少ないと思います。(またはほとんどゼロ)。

まして、ひと世代前に中学を終えてしまっている社会人は、
英語で話した総量が1時間に満たない、という人もいるでしょう。

そういう方にエンジンをかけていただく方法は

中学問題集、またはNHK基礎英語1と2のテキストがお勧めです。

ちなみに、たまたま基礎英語2のテキストが今手元にあるので、
これを使って説明します。

ぱっとページを開いてみますと、

見開きの左に英会話の英文、右にその日本語訳が
どーん、と載っています。

かなり大きな文字で贅沢なページの使い方ですが、

英文を見ると、拍子抜けするくらい、簡単に思われると思います。

ですから、英文を見ないでください(笑)。

日本語訳をみてください。

こんな感じです。

「木村さんは 太郎にお使いを頼みました。」

そして、会話が始まります。

「やあ、太郎、お帰り。お店に頼んだもの全部あったかい?」

「ええと、食パンがなかったな、あとは全部あったよ。」

「食パンがなかったのかい? 困ったなあ、明日の朝ごはんどうしよう。」

まあ、ざっとこんな感じですね。

英文を見ると、鼻で笑ってしまうくらい簡単なのですが、
上の日本語訳を自分で口頭英訳するとしたら、どうでしょうか?

結構冷や汗でます、と何人もの方に感想をいただきます。

そうなんですね。

私たちは学校英語や英語学習で、自ら英語を組み立てる
作業をしていないので、英語を組み立てるのが下手なんですね。

英語が組み立てられない <= 話せるわけないじゃん

話すって言うのは、瞬間に英語を文にしなくちゃいけませんので、
英語が組み立てられないと、話せないんですね。

ダイアログを丸暗記しても、自分で発話する練習をしないと
発話はできないのです。

なぜなら、人のセリフをそのまま話すだけの人って
ありえませんので。

オウムは、賢いので人の言葉を真似てたくさん
言えるそうですが、オウムの知恵ではそこまでです。
自らいいたことを、文を組み立て話すことはできない。

オウムではなく、人間として話すためには、
自由に文を組み立てられる必要があるわけです。

今まで文を組み立てる経験の少なかった人は、

ぜひ、中学問題集や基礎英語などの和訳に
注目して、基本英文を、自分の力で組み立てられる
ようにすると、英語を話す近道になります。

そして、自由にツイッターやブログで英語を発信して
楽しんでください。