ナマ英語のリスニングを克服する!

私たち日本人にとって、英語のリスニングは、
一つの大きな壁です。

まず、英語ネイティブ同士が話している英語、
たとえば、映画などは、日本人にとっては
最も難しいリスニングの一つです。

学校で聴いた英語のテープやNHKのラジオ番組は
聞き取れるのに、映画となると・・・

では、CNNニュースなどはどうでしょうか?

日本でもニュースアナウンサーに字幕がつくことは
ありませんね。
しかし、一般の人が話す場面となると、最近は字幕が
付くケースが多くなりましたね。

このあたりに、ヒントがあります。

つまり、日本語でも、一般の人の話し方は、
プロのアナウンサーに比べると聞き取りにくいのです。
これは、アナウンサーが標準語を話しているけれど、
一般の人はその地方の言葉を話しているから、という
理由ではありません。

それよりも、アナウンサーははっきりと明瞭に話すけれど、
一般の人は、不明瞭で、どちらかというとモゴモゴっと
話すからです。

また、慣れの問題もあります。

私たち一般人は、日頃いろんな人と話しているので、
当然、もごもご不明瞭日本語でも、お互い通じ合っています。

先日天皇陛下が、テレビの会見で、
最近は耳が遠くなったのか、一般の人たちが
話すのをテレビで見ても聞き取れないことが多く、
つい字幕を読んでしまいます、とおっしゃっていました。

これは、一般の人の話し方のモゴモゴ度に、
天皇陛下が慣れていらっしゃらないからではないかと
思います。(一般人にお会いすることもあまりないと
思いますので。)

この天皇陛下のことについては、私が発見したわけでなく、
日経新聞のコラムにでていたことですが、私も同感でした。

さて、ここで英語に話を戻すと、

映画の英語が聞き取れないのは、

*スピードについていけない
*使っている表現自体知らない

ということのほかに、

*一般人のモゴモゴ度についていけない

ということがあげられると思います。

もし、CNNニュースのアナウンサーの言っていることはわかる、
でも、一般人のコメントは全然わからない、というのであれば、
それは、完全にモゴモゴ度についていけない、ということです。

ビジネスの場では、アメリカ人も英国人も、モゴモゴ度は、
減少します。ですから、あまり心配の必要はありません。

洋画やアメリカやイギリスのTVドラマを楽しみたいなら、
モゴモゴ度になれるようにしましょう。

当然のことですが、アメリカ人でもイギリスの人の英語が
100%分かっているわけではありません。
私のアメリカ人の友人は、イギリスで仕事を始めて
最初の1ヶ月は、仕事の場でも、理解度50%くらいだった
と言っています。

ですから、私たち日本人が最初聞き取れないからといって、
そんなにしょげる必要もありません。
コツは、慣れ、それから慣れてくると、言葉の法則が
身についてきます。
たとえば、be動詞などの機能語は、極力弱く短く発音されるので、
聞き取りにくいのが当然、というように。

You’re というように、 are が省略されて発音されるのも同じ理由です。

ちなみに、発音がクリアーなTOEICのリスニングができない、
と言う場合は、
*言葉を知らない
*英語の発音自体に慣れていない
と言う可能性があります。

こちらは、頑張れば、割と短期間で向上していきます。
TOEICスコアをあげるには、リスニングで高得点を取ってしまうのが
少しの努力ででき、手っ取り早いと思います。ぜひ、頑張ってください