英語上達のカギ、ネイティブの4歳の実力をまず身につける

日本人の英語学習熱はすごいですね。
でも、きっとこれだけみなさん英語に関心があるのは、
もう一歩の壁を乗り越えれば英語ができるようになる、と
思っているからではないでしょうか。

そして、現実にもう一歩の壁を乗り越えれば、
英語はできると実感でき、歯車はより上級レベルへと
回り始めるのです。

では、もう一歩のところで立ちはだかる壁とは何でしょうか?

たとえば、
「これは何ですか?」を、英語で言うことができるでしょう?

What’s this?

でも、いちからイタリア語を学ぶとなると、

Ci sono due tavoli gialli.

「へっ? 何これ?」という状態でしょう。

イタリア語に比べれば断然英語ができるはずです。
でも、なぜか自信がもてない。
なぜでしょうか?

それは、簡単な英語の運用能力がないから、ではないでしょうか?

先日高尾山に行って来ました。山の中腹に団子屋さんがあって、
私の前を歩いていた4歳くらいの女の子が、
「ねえ、お父さんはあの団子の中でどれが一番食べたい?」と
聞きました。
そして、さらに、「私は、真ん中のあんこのお団子が一番食べたい。」
と言いました。
4歳だと、このくらいの日本語は話せるんですね。

幼稚園に行って、何があったかを家でお母さんに話す。
ちゃんと文章で話すことができる。

もちろん、使っている言葉や表現は単純です。
それでも、

「リコちゃんは、ツトム君よりもアキラ君が好き。」
「先生が、オシッコに行きたくなったら、早く手を上げなさいといってた。」
「先生が今日は雨が降って寒いから、お庭では遊ばないでくださいって言ってた。」

幼稚園時代までに、こういった日常的な会話は、ほとんど網羅して、
それから小学校で、読み書きを始めるわけですね。

しかし、こういった日常表現は、片言の日本語でなくて、
しっかりと、比較する文(AよりB),間接会話(誰々が~と言っていた)、
時制(現在、過去、未来)をしっかり使い分けて、文章にして話せるように
なっています。

この子は、言いたいことは何でも言えると思っているでしょう。

たとえ、「日本経済が逼迫していて子ども手当てが。。。」というニュースを
テレビで聞いて理解できなくても、自分はチャンと言いたいことは言えるし、
先生やお友達の話や、お母さんのいうことはわかる、と思っているに違い
ありません。

あなたは、まず、このレベルの英語がスラスラと使えるようになれば、かなり自信がつくのではないでしょうか?

実際に、このレベルの会話を英語でしたとしたら、
言いたいことはほとんど言える、と実感できると思います。

ライバルは、4歳の女の子。
まずは、4歳の運用能力をつけることが先決です。