使い慣れれば英語はできる

「いや、だめだめ、ムリです。」
ネイティブに英語が話せるかと聞かれると、
必ず、「I can’t speak English.」という。

でも、私の知日派のアメリカ人たちは、「そういいながら、もう
英語しゃべっているのにね。」と笑う。

あなたも、そうじゃないだろうか?

I am sorry to have kept you waiting.

こんな風に言われて、意味がわかれば、あなたは
立派に英語がわかっている。

彼らのうちの一人が印象深いことを言っていた。

僕たちアメリカ人が、どんな外国語でも 日本人の英語と
同じくらいのレベルだったら、胸張って、「はい、わたし、話せます」
っていうだろうね、と言っていた。

本当にその通りで、あなたの英語は、すでに十分世界に通用する
英語力だ。

英語の単語は、中学で習った単語があれば、十分。

英語文法というものも、「I don’t want to study English.」が
わかっていれば、それ十分。

じゃあ、なぜあなたは英語を前に躊躇してしまうのか?

「「使いなれていない」」のだ。

英語は使えば、頭は勝手に英語脳になる。とにかく[[[[使う]]]のだ。

帰国子女は英語ができると思われるが、知識はたいしたことがない人が多い。
でも、彼らが英語が[[[できる]]]部分は、簡単な英語を使えることだ。

「英語ができるかできないかは、簡単な英語が使えるかどうか」だ。

小学校1年でアメリカから日本に戻ってきた子が、たいした知識などある
はずない。
それでも、英語が流暢なのは、「使う」という運用能力があるからだ。

知識に関しては、あなたの方が上。

小学校1年じゃあ、帰国子女だって、TOEICわかんないよ、
何かいてあるのかさえわからない。

使うことによる運用能力が大事なんだ。

簡単な英語をいかに使うか。
それができれば、きっとあなたは、英語はたいしたことがないと思える。

学習でなく、「使う」ことで、英語は上達する。

I don’t want to study English.が、わかっていれば、

「発音が下手?
そんなこと、気にしないわ!」だって、簡単に
英語で言えるはずだ。

“Bad pronunciation? I don’t care about it!”

とひと言 言ってやればいい。

これで、OK.

単語一万語覚えたって、英語を使わないと、英語はできない。

ところが、単語300語しか知らない小学1年帰国子女は、英語をペラペラ話す。
英語を使ってるから、小学校1年坊主は、英語ができるのだ。

この帰国子女だって、日本語だらけの生活で、日本語モードに慣れて、
そのままずっと英語を使わないと、英語はできなくなる。

私の友達で、小学校3年までカリフォルニアに育ち、日本に戻ってきたヤツが
いるが、戻ってきた当時、日本語が全然できず、英語でしか話せなかった。
しかし、その後、日本語が上達するにつれ、見事に英語を忘れた。
珍しいことだが、発音まで忘れて(発音は残るほうが普通)、平均的日本以下の
下手な英語の発音になってしまった。

使わないと、ホントに忘れてしまうのだ。

筋肉と同じで、「英語」も使わないととたんに能力が落ちて、
なくなってしまう。

日本語100%で生活しているあなたが、英語もそこそこ
できるようになりたいなら、英語を「「使う」」ことだ。

「使う」「使う」「使う」

能動的に使うのが一番効果がある。

自分が言った日本語や、自分が思ったことを、英語にしてみる。

もちろん、直訳しない。いえない英語は言える英語に変えてしまう。

こんな具合だ。

「今日の仕事はタフだったなあ。」

=> 今日はタフな仕事がたくさんあった。
=> I had a lot of tough work today.

こんな風に、まずいえる英語に変えてしまう。
英語対日本語を 一対一で考えると、できない。
もっと、柔軟に考えれば、かなり英語で表現できるはずだ。

もっと、慣れたら、たくさん話して、書く。
話し相手がいなければ、話すように書く。
ケータイで文字チャットするのと同じような感覚で
書ければ話せる。

難しいことを書かずに、話すようにスピーディに書く。
一人筆談のように、会話レベルの簡単な英語を書く。
そうすれば、英語をクリエイトする能力が身につき、
どんどん書ける。
これさえできれば、英語力はこの先グングンついてくる。
1日3分書くことから始めると2週間くらいで、英語で
考えるクセがつくだろう。
なぜなら、ブログを書いている人はわかるけれど、
書くときは、その何倍もの文章が頭の中を駆け巡るからだ。
つまり、英語にどっぷりつかった状態になる。

そして、ナマ英語をたくさん聞いて、英語モード全開にする。
もちろん、自分で手の届く簡単な英語だ。
オバマの演説など、ほとんどに日本人が聴いたって
わかるわけがない。もっと、簡単な英語をたくさん聞くんだ。
簡単だが速い英語を聞く。

こうやって、「簡単な英語」で「どっぷり浸かる」時間を
創っていく。
最初は3分でいい、徐々に伸ばしていく。
そうすれば、日本にいても、英語は使えるようになる。

======あなたのテーマに合った英語力増強講座があります。==========

今回のメルマガで紹介した
「聞こえる前から英語がわかるリスニング方法」を実践できます!

講座は、
ナマの日常会話が満載
ネイティブの日常会話をナマ録した音声を使用。
日本で販売している英語教材では味わえない
本物の会話だから英語が上達します。

英語3段とび吸収法講座