英語のビタミンカプセルを飲めば効く!!

英語はビタミン剤のカプセルのように
ごっくんと飲み込めば、体の中で
栄養となって、じわじわ効いてきます。
カプセルは1日1回 30分かけて飲むのが理想です。

全く英語がわからない人ができるようになりたいとやってきた。

英語ができない理由をあれこれ話している。

「ああ、それなら飲むだけで治るよ」と先生から
英語のビタミンカプセルをもらった。

カプセルは毎日1回1錠。 30分かけて飲む。
ご存知のように、カプセルの中にはたくさんのツブツブが入っている。
これが溶けて体の中に栄養が蓄積されていき、
3ヶ月くらいから効果が出てくる。

カプセルの中身はこんな感じ。

1) He just finished all his exams. (彼は全ての試験が終わったところだよ)

2) I just made a presentation. (今、プレゼンが終わったよ)

3) I just finished reading John Grisham’s new book titled “The Partner.”
(ちょうど今、ジョングリシャムの新刊本「ザ・パートナー」を読み終えたところだよ)

これを丸呑み(圧縮記憶=暗誦)すると、胃の中でカプセルが溶け出す。
カプセルの中身のツブツブが作用しだす。
ツブツブは、
He just finished とか、made a presentation とか I just finished reading 。

毎日毎日カプセルを飲み込んでいくと、中身のツブツブは熟成されていって、
I want you to make a presentation this afternoon.
I want you to come in early tomorrow.

など、 I want you to ~. が「型」として吸収される。
make a presentation も、一つの単語のように吸収されるので
口から出てくる時にいちいち、presentation の時は do かな make かな
などと、考えない。

make a presentaion made a presentaion は一つのかたまり(カプセル)になっている。

こんなふうに、カプセルをドンドン飲み続けていくと、
*単語が4つ、5つもあるような組み合わせも(たとえば、start to get annoyed)、
一つの単語のように「ひとつのカプセル」として扱える。
*型(たとえばWhen it comes to ~) などがたくさん使えるようになる。

*型と「カプセル化」になった表現を自由自在に組み合わせるだけで話せる。

 [型]も[カプセル化] も考えなくてもできる、つまり
[型]と[カプセル化] は、話すときに必要な 「正確さ」と「流暢さ」をもたらす。

たとえば単語力もないし、読解力もない、英語始めて4ヶ月くらいの人でも、
この方法でどんどん ビタミン剤を飲んでもらって(英語暗誦+圧縮記憶)、
それをアウトプットの回路でも使うようにしてもらうと、次のレベルにはすぐに
到達する。

「犬を飼っていて、名前はアンディ。私の大好きな友達です。
学校から帰ると、私はいつもアンディと一緒に遊びます。」

I have a dog, and its name is Andy.
She is one of my friends.
I go home after school. And I play with Andy together.

(英語開始から4ヶ月くらい 自称英語まるっきしダメ状態 から
1日30分で英語に目覚める。 中学1年の3分の2くらいまで終了のレベル)

理屈はいらない。丸呑みするだけ。

あとは、体がそれを吸収して栄養分を吸い取ってくれる。

あなたにもできる、スラスラと英語を話すための「型」と「カプセル化」
長年英語を難しく考えていたあなたに特にお勧めしたい!!!