日本語のようにスラスラ英語が読みたい!

最近リスニングとかスピーキングだけでなくて、

英語でペーバーバックが読めるようになりたい

という人からの要望が私のところにもたくさん
くるようになった。

日本語のようにぱらぱらっと英語が読めたら
かっこいいし、ジョングリシャムのペーパーバックを
英語のまま読むと、翻訳よりも作者の意図が伝わって
もう手に汗握るスピードを味わうことができる。

彼の英語はほんとにリズミカルで読むにしがたい
どんどんスピードが速まっていくようなスリル感がある!

外資系に勤めている人たちは英語に接する機会も
多いので、ビジネス文書がパパッとアタマに入るような、
そんな英語の読み方も必要になるのだろう。

英語上達の上で、多読は絶対必要!

これははっきりしている。

その理由は3つ。

ひとつは語感を養う。

want hope wish

カンタンな単語。

でもこの単語から湧き出るイメージを
本当にあなたはつかめていますか?

日本語に訳せば、みんな同じになるかもしれない。

でも日本語でも、「したい、望む、願望する、願う」は、
同じ部類の意味を表すが、みーんなビミョーに語感が
ちがうでしょ。

これは英語でも同じ。

この語感の違いがわかるかどうかで、
味わいのある英語を楽しめるかそれとも
ただ字面だけを追って、日本語訳の意味だけが
アタマに残るかちがってくる。

2つ目は、語彙が極端に増える。

英単語集で語彙を増やすって言うのが一般的。

私も高校時代はそうやった。
でも、不思議と英単語集で覚えた単語って、
試験のときに全然役に立たないんだよね。

これは歴史の年代と英単語は違うってこと。
歴史の年代は、
おのれ明智光秀め~ と織田信長が自害した
本能寺の変が1582年。

織田信長 明智光秀 本能寺の変 1582年
さえ覚えておけばそんまんま解答用紙に書ける。

でも、英単語ってそのまんまってなかなか ない。

その単語が分で使われていて、その意味を掴む
とか。

英単語が書いてあって、その意味を解答用紙に
書きなさいっていう問題は、あまりに陳腐だから
なかなか出題されない。

どういう風に出題されるかっていうと、
たとえば、
文章の中に下線があって、その部分の
“occur”と同じ意味になるのは次のどれか、
というように出題される。

こうなると、単語とそれに対になる日本語を覚えても
あんまり意味がない。

で、私は結構それに運良く早く気づいた。

高校生の浅はかな知恵で「じゃあ、どうやって
単語を増やせばいいのか」ってことを考えたんだけど
答えが出てこない。

答えが出てこない代わりにあることに気づいた。

それは、単語一万語覚えたら、東大に入れますって
試験はないこと。

次号へ続く