英語でちょっと大げさ振る舞い

「いやあ、日本人と話してると本音がわからん。」

これは、もう使い古された感があるが、私もほとんどの欧米人から聴く言葉だ。

イギリスをはじめ欧州の国は比較的控えめな表現の人も多いが、アメリカは結構激しい、ですよね。

その場で、「じゃあ、どうしたいの」「何が言いたいの」というようなことがはっきりいえるほうが評価が高い。

特に外資系で働いている人たちは、「何であの人あんなに出世しちゃうの?」という人がとんとん拍子に出世街道まっしぐら、なのを見たり訊いたりしているんじゃないでしょうか。

「上司にゴマをする」これはアメリカだろうが日本だろうが関係ないようだ。

もう上司のいない自分で仕事をしている私のような人間だから 勝手放題いえますが「やっぱり人間ゴマをすられると弱いみたいです。」

今まで経験した日本の会社でもアメリカの会社でもゴマをすってる人はやっぱり引き
立てられる。

見ているほうだ恥ずかしくなることもありますが、多摩動物園のチンパンジーだって上役にはヘコヘコしてるから同類の人間も同じキャラをもっているんでしょう。

アメリカ人は実力本意でお世辞なんかいわない、と思っている人も多いかもしれないが、実はアメリカ人の方が露骨ですごい。私もこれにはビックリした。

上司を日曜日に家族で接待するなんてのは、普通で、機会があれば電話で「お誕生日おめでとう」とか、「転勤になってよかったですね、あそこは・・・」などと頻繁に連絡をしている。

私が勤めていた経営コンサルティング会社では、パートナーという役員格の仕事は、
ほとんどがゴマすりだ。

顧客になりそうな企業や 今もお客さんの企業の役員に会って、食事をしてゴマをすって、ついでに顧客企業の問題点をちょろっと話して、そして「じゃあ、おたくに経営戦略の見直しをお願いしようかな」というところまでもっ
ていく。

MBA取立ての新人が、「私ゴマすり上手でたくさん仕事がとれますから、パートナーの仕事をさせてください。」といったヤツがいる というのが笑い話になっているくらいだ。

まあ、ゴマすりについては、所変わらずというところだが、話を戻して「はっきりモノをいう」という点では日本人はやっぱりはっきり言い切れない部分があるようだ。

私自身はこのはっきり言い切れない部分は日本語の特徴だし日本人の大事な特質なので大事にするほうがいいと思う。何が何でもアメリカ式、英語式というのよりも、自分自身のオリジナリティがでていいんじゃないかと思う。

私がたまにeigoでセミナーや講演、インタビューを受けたりするときは、きまっていわれたり記事にされるのは、「あたりがやわらかい」 とか、「soft spoken」とかだったりして、もうちょっと シャキッとしなくちゃいけないかな、とアトで 反省することもある。

日本人が書いた英語の本として最高峰のひとつである「Zen and Japanese Culture」を書いた鈴木大拙氏は、書くときに英語の発想、英語圏の人間のモノの発想に基づいてeigoで考えて書いた、と著書についてコメントしている。

「日本語の発想で書いたらこの内容にはならないだろう。あくまで英語圏の人たちの思考法に基づいて書いたものだ」と主張しているのは、eigoを自由に操る彼ならではのコメントだろう。

英語で考え表現する場合は、その発想に基づいてなされるべきである、という彼の考え方は、英語を自由に操れるからこそいえるのであって、なかなか真似るのは難しいかもしれない。

でも、ちょっとだけ、英語で理解し、eigoのまま発想することに慣れてくると、だん
だんとこの考え方もわかってくる。

私は日本語でも英語でもゴマをすれないが、「仕事の面では非常に評価してるけど、
たまにはゴルフとか野球の話でお客を和ませるのも必要だよ」と コンサルタント時
代に上司から言われたのを思い出し、私ももうちょっと人間が丸くならなくちゃな
あ、などと反省してます。

“NAT Tried to read any sign of the result from the expression on his face,
but even the Japanese would have been proud of Mr. Anderson’s
inscrutability.”
Jeffery Archer “Sons of Fortune”

「日本人でさえ、アンダーソン氏の無表情には感心する」というように 無表情、表現の乏しさに引き合いにだされちゃう日本人、英語の時は、ちょっとだけ大げさにしてみると、ゴマをすらなくてもあなたの株も上がるかも。