英語は音から入る、しかし日本人はこれが苦手

英語は音から入る と前回のブログで書きましたが、では、それは難しいことなのでしょうか?

日本で英語教育を受けてきた私たちには、難しいようです。難しいというよりも発想の転換が必要なようです。まず音だけを聞き取ってみるということを、今までにやったことがないのでどうしても戸惑ってしまうのです。

私たちは一応、学校でも英会話教室でも英語を声をだして聞いたり自分で発声したりしていますので、音を聞き取るというのは全く経験がないわけではないのです。ところが、これが難しい。その理由は2つあります。

1 音を音のまま捉えようとしない。
2 音がナマ英語の音とかけ離れている

1の音を音のまま捉えようとしない、というのは、たとえば アィニーリィッ という音を聞いても、全くわからないのです。なぜならば、それが I need it (アイ ニード イット)と同じだとは判断ができないからです。
もし、I need it と認識できれば、とたんに「ええと、私は それが 必要です。カンタンカンタン」となるのでしょうが、実際には音として捉えていないから、「アィニーリィッ」がわからないのです。

どういうことかもう少し詳しく説明しますと、私たちは必ず英語を文字で認識するクセが身に着いている、ということです。

よく、「英語は読むことはできるんだけど」という人がいます。つまり文字で英語を確認すれば何とか意味を理解できる、というのです。

これについても私は異論があるのですが、一歩譲ってそのとおりとしましょう。
つまり、私たち日本人は、「文字で確認する」ことによって英語を理解しているのです。

“I neet it.”というのも英語の音で認識しているわけではなく、3つの英単語を目で見て確かめて、それを日本語に訳して「ああ、私はそれを必要としている」という意味だ、と納得するのです。

これは、英語を理解できるというよりも、むしろ日本語に訳すための優秀な翻訳能力を持っている、といったほうがいいでしょう。

つまり、日本語に置き換えることはできるけれども、英語のまま話されたってわかりませんよ、ということです。

言語の習得の順序が、
1 音を聞き取る
2 聞いた音がわかる
3 自分から話す
4 読む
5 書く

というのが普通なのに、私たち日本人は、よりカンタンな1から3まではできなくて、4の「読む」ことに関してだけ、日本語に訳すという作業を通じてできるように訓練されてきているのです。

これは、
2のナマの英語音に全く対応できないから生じている問題です。

よく、質問をいただきますが、次のような質問があります。
「英語はさんざん聞いてきたし、どれもこれもネイティブが話している英語教材を使ってきた。だけれども聞き取れないのでネイティブの英語を聞いてもやっぱり聞き取れない人には聞き取れないのではないですか?」

最近では本についているCDでネイティブが録音している英語が多数出回っています。しかしそのほとんどがナマの英語とはかけ離れてしまっているようです。
ご紹介しましたいっしょに仕事をしているカナダ人は、海外向けテレビや2ヶ国語放送用のナレーターをしているプロの声優です。
彼に話を聞いてみると、こういった英語学習用のCDは、やはり学習者のレベルを意識して、かなりはっきりとした発音で録音されている、というのです。

実際英語学習用の教材を聞いてみると、実際に映画などで聞く英語とはだいぶ違うことを実感できると思います。

2 音がナマ英語の音とかけ離れている

というのは、そのことをいっているのです。

初級者は、ぜひゆっくりと録音されたきれいな発音を、徐々にレベルが上がってきたら、きれいな発音+CNNなどの本物の英語へ、上級になればもう本物の英語だけを、というステップを意識して学習すると良いと思います。